Archive for 2013

平成25年度カウンセリング部会第2回定例会詳細が決まりました!

2013.12.18

次回カウンセリング部会定例会で行われる事例検討が下記のように決まりました。

 

◆ 日時:2014年2月1日(土)15:00~18:00

(土曜日は勤務の方もおられるのでこの時間帯に設定しています。)

◆事例検討:「認知機能障害の著しいHIV陽性者の成年後見にかかる支援について」

◆発表者:伊賀陽子さん(兵庫医科大学病院 医療社会福祉部、医療ソーシャルワーカー)

発表者からのメッセージ:「著しい認知機能障害があり、家族・パートナー関係や経済上の問題+αの出来事が加わり、非常に対応に苦慮している事例です。心理の方にもMSWの方にもぜひ助言を頂きたいと思います。」

◆場所:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室1

大阪市営地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅 11番出口下車、大阪医療センター北門を入りすぐ左手の建物です。1階が喫茶・レストランとなっております。

アクセス http://www.onh.go.jp/info/access.html

 

★事例検討後、次年度の定例会の企画やスケジュール等について、話し合います。企画・運営へのご希望やご意見、学会等で避けるべき日程等がありましたら、お聞かせ下さい。宜しくお願い申し上げます。

 

◎お申し込みや次年度企画についてのご意見等は、①氏名(ふりがな)、②会員・非会員、③会員の方は所属部会名(カウンセリング部会、医師部会、歯科部会、薬剤師部会、看護部会、その他)、④所属施設、⑤所属部署、⑥郵便番号・住所、⑦電話番号、⑧HIV診療の経験年数、⑨メールアドレスを明記の上、事務局:森田までメール(morita@onh.go.jp)にてお送り下さい。

 

HIV事例のご経験のある方もない方も、どうぞ皆さん、奮ってご参加ください。心よりお待ちしております。

 

<問合せ・連絡先>

関西HIV臨床カンファレンス

カウンセリング部会事務局:森田眞子

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14

国立病院機構大阪医療センター 臨床心理室

e-mail:morita@onh.go.jp

TEL:06-6942-1331(代)

2013年秋の特別講演会のお知らせ

2013.08.14

 

暑い日が続きますね。この暑さはまだまだ9月まで続くと思いますが。。。
暦上は秋ということで、9月14日(土)秋の特別講演会のお知らせです。

 

秋の特別講演会は、これからHIV感染症を診る医師・研修医のためのセミナー
として開催し今年で第8回になります。

 

今年度は、「HIV感染症の早期診断から拠点病院診断まで」をテーマに
プログラムは
1.HIV感染症の診断と初期対応
2.HIV感染症の院内感染対策
3.HIV感染症の治療の原則
少人数のグループワークから、全体講義の流れで行う予定です。

 

昨年度の様子はこちらから
       ↓
http://www.kansai-hiv.com/blog/?p=315

 

定員は36名とさせていただいております。
今日現在18名お申込みいただいております。

 

お申し込みはこちらからお願いします。
       ↓
http://www.kansai-hiv.com/notice.html#130914_1500

皆さまのご参加をお待ちしております。
参加費無料です。

The Sanford Guide To HIV/AIDS Therapy 2013

2013.06.29

 

今年度も医師部会会員の先生方へ会員特典として「The Sanford Guide To HIV/AIDS Therapy 2013 (21st Edition)」冊子をお送りさせていただきました。ご活用いただければ幸いです。

2013年総会と春の特別講演会を行いました

2013.05.28

4月20日(土)に2013年総会と春の特別講演会を行いました。

総会は会員数の1/5以上のご出席があり、滞りなく有効に成立いたしました。

司会いただきました桒原健先生は、今回限りで理事を勇退されました。

永年、副会長を務めて下さり、どうも有難うございました。

 

総会に続いて、春の特別講演会を開催いたしました。

 

157人の方が参加され、会場はいっぱい。今回は学生さん、研修医の先生方の参加が多かったです。

まず、小川先生に大阪医療センターのHIV臨床の現状をお話いただきました。

 

続いて、藤本先生に呼吸器感染症と身体診察についてご講演いただきました。

 

終了後アンケートにて『私たち研修医にとって、呼吸器系の身体診察はイマイチよくわかっていないことであるので、今回の先生の講義は、大変わかりやすく、今後について非常に勉強になりました。ありがとうございました。』や『非常に勉強になりました。今まで以上に、この呼吸器の身体所見のとり方を明日からの診療に活かしたいと思います。』と感想をいただきました。

 

只今、当日の講演録を作成中です。冊子完成次第、会員様宛てにお送りいたしますので、当日ご参加いただけなかった会員の方、どうぞお楽しみに!

 

第3回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー

2013.05.20

昨年6月、今年1月に続き、HIV/AIDS診療スキルアップセミナーを開催いたします。

 

第3回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー ~若手医師のための症例検討会~

日時 : 7月6日(土) 14:00~17:00

会場 : 大阪医療センター緊急災害医療棟2F 研修室

 

プレゼンテーター

①国立病院機構大阪医療センター 感染症内科 矢嶋 敬史郎 先生

「大量腹水で救急搬送された40代男性」

②奈良県立医科大学附属病院 感染症センター 米川 真輔 先生

「発熱、咽頭部痛にて来院した20歳代男性の一例」

 

アドバイザー

市立堺病院 腎代謝免疫内科 松浦 基夫 先生

国立病院機構大阪医療センター 感染症内科 上平 朝子 先生

大阪市立総合医療センター 感染症センター 後藤 哲志 先生

 

総合司会

大阪市立総合医療センター 感染症センター 白野 倫徳 先生

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

参加ご希望の方は、こちらよりご登録ください!

http://www.kansai-hiv.com/attend.php

なお、こちらの研修会は事前登録制とさせていただいております。

定員は30名です。

提示症例についてディスカッションに参加いただき、ファシリテーターを中心に意見交換をする予定です。

平成25年度カウンセリング部会第1回定例会詳細が決まりました!

2013.05.19

次回カウンセリング部会定例会で行われる事例検討が下記のように決まりました。

 

◆事例検討:「帰るところがなくなってしまった」クライエントへの支援

発表者:黒田美和さん(大阪医療センター医療福祉相談室、医療ソーシャルワーカー)

◆ 日時:2013年6月29日(土)15:00~18:00

◆場所:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室1

大阪市営地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅 11番出口下車、大阪医療センター北門を入りすぐ左手の建物です。1階が喫茶・レストランとなっております。

 

MSWのみならず、心理職にとっても大変考えさせられる事例です。じっくり時間をかけて検討できればと思います。

HIV事例のご経験のある方もない方も、どうぞ皆さん、奮ってご参加ください。

心よりお待ちしております。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

↓ ↓ ↓

 

http://www.kansai-hiv.com/notice.html#130629_1500

 

<問合せ・連絡先>

関西HIV臨床カンファレンス

カウンセリング部会事務局:森田眞子

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14

国立病院機構大阪医療センター 臨床心理室

e-mail:morita@onh.go.jp

TEL:06-6942-1331(代)

春の特別講演会 web事前申し込みは締め切りました

2013.04.16

たくさんの皆様よりお申し込みいただき、ありがとうございます。

予定人数100名に達しましたので、web事前申し込みは締め切りました。

当日は受付にて混雑が予想されますので、お早めにお越しいただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

カウンセリング部会 平成25年度 第1回定例会のお知らせ

2013.04.08

平成25年度カウンセリング部会の定例会を下記の通り開催致します。

カウンセリング部会では昨年度より、定例会でじっくり時間をかけて事例検討を行うこととしております。

ついては事例提供者を募集中です。少人数でサポーティブな雰囲気のなか、事例検討できる機会ですので、気軽に事務局森田までお申し出下さい。MSW・心理職双方が関わった事例だけでなく、どちらかだけの関わりの事例でも歓迎します。

また、定例会の年間予定は下記の通りです。ご予定に書き加えておいていただけると幸いです。

多くの皆様のご参加をこころよりお待ちしております。

 

◆ 日時:2013年6月29日(土)15:00~18:00

(土曜日は勤務の方もおられるのでこの時間帯に設定しています。)

◆事例検討:未定

◆発表者:募集中

◆場所:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室1

大阪市営地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅 11番出口下車、大阪医療センター北門を入りすぐ左手の建物です。1階が喫茶・レストランとなっております。

 

★今後の定例会の年間予定:2013年10月26日(土)、2014年2月1日(土)

(いずれも15:00~18:00、場所:大阪医療センター)

 

お申込みはこちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html#130629_1500

☆来年度の定例会における事例提供者を募集中です。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。☆

<連絡先>

関西HIV臨床カンファレンス

カウンセリング部会 事務局:森田眞子

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14

国立病院機構 大阪医療センター 臨床心理室

e-mail:morita@onh.go.jp

TEL:06-6942-1331(代)

 

2013年総会と春の特別講演会のお知らせ

2013.03.18

関西HIV臨床カンファレンス2013年総会を4月20日(土)14:30よりに開催いたします。

 

2012年度の活動報告および2013年度の事業計画をご報告させていただきますので、
万障御繰合わせの上、多数ご参加下さいます様お願いいたします。

万一、ご欠席の場合は委任状を必ずお届けくださいますようご協力お願い申し上げます。
ご出席のお申し込みはこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html

 

また、同日15:00より、春の特別講演会を開催いたします。

今回は、市立堺病院の藤本卓司先生をお招きし『呼吸器疾患と身体所見』についてご講演いただきます。

こちらの講演会は関西HIV臨床カンファレンスの会員以外の方のご参加も歓迎いたします。

参加費は無料ですが、定員100名です。
お申し込みはフォームからお願いいたします。

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html

皆様のご参加をお待ちしております。

 

第49回関西HIV臨床カンファレンス~NGO・NPO活動報告・交流会

2013.03.06

2月26日、第49回関西HIV臨床カンファレンス~NGO・NPO活動報告・交流会~を大阪医療センターにて開催いたしました。当日は小雨が降り、まだまだ冬を感じる寒い日でした。

 

関西で活躍されるNGO・NPO団体の方々ケアーズ、CHARM、バザールカフェ、Follow、Live Positive Woman’sにご発表いただきました。
Freedomの方はご都合があわなかったので、発表はいただけませんでしたが、資料でのご報告をいただきました。
各団体のとりくみ、特に新たなとりくみについて、お聞きすることができ勉強させていもらいました。

そのあと、大阪府立公衆衛生研究所の川畑拓也先生から『HIV/AIDSの発生動向』について特別講演いただきました。
参加者の方から「一般的に目にする統計とは別の大阪の現状がわかって良かった」と感想をいただきました。

また、今回は『長期療養時代における在宅療養と施設入所』をテーマとしておりましたので、
大阪市保健所感染症担当医務主幹 半羽宏之先生から『大阪市のとりくみ』についてご報告いただき
最後に医療者、NGO・NPO、行政の方々での総合討論をいたしました。

医療従事者から具体的な困難事例が出され、その場で行政側からのアドバイスを得ることができ、話が進み検討がなされました。
参加者からの感想でも「様々な団体からの多様の視点で現状を知ることができ、とてもよかったです。」や「長期療養患者の療養緒先の問題は切実です。今後、保健所も巻き込んだ取り組みは必要だと思いました。この問題は病院だけでなく、行政と一緒に取り組んでいくものだと再認識できました。成功例をどんどんと発信していただければと思いました。」と頂きました。

ご参加くださった方々どうもありがとうございました。