2011年12月07日

2011関西HIV臨床カンファレンス研修会

またまた、少し前のことなのですが、7月2日(土)に開催いたしました研修会のご報告をさせていただきます。

症例検討として2題、大阪医療センターの矢嶋敬史郎先生と市立奈良病院の忽那賢志先生に
兵庫医科大学病院の日笠聡先生には『針刺し事故対策』、
市立堺病院の小倉孝文先生には『関西における歯科診療とネットワーク構築について』、
東京から東京医科大学の山元泰之先生には『抗HIV療法 実践update』、
また佐藤麻希先生は仙台医療センターからお越し頂き『東日本大震災がHIV感染症治療に及ぼした影響』のご講演いただきました。