2012年06月15日

2012年総会・春の特別講演会

5月26日に2012年総会および春の特別講演会を開催いたしました。

 

14:30~の総会に間に合うように会場準備をすすめるものの昨年に引き続き・・・なぜか今年も講堂のプロジェクターが映りません。
2年連続なぜかこの日はプロジェクターがいうことをきいてくれない・・・天井吊りのプロジェクターを諦め、ポータブルプロジェクターを設置して、なんとか準備完了!

総会も65名の承認を得て、無事終了しました。

15:00~春の特別講演会を開催。当日は130名の方が聴講に来られました。

まず、大阪医療センター感染症内科の米本仁史先生より『大阪医療センターのHIV診療の現状についてご講演いただきました。
米本先生は「今回のような人数の方々にお話しされるのははじめてだから緊張する」とおっしゃっておられましたが、とてもはじめてのようには思いませんでした。
講演終了後アンケートでも『今回では疫学的な面がよくわかりました』と感想いただきました。

続いて、自治医科大学附属病院臨床感染センター准教授の矢野晴美先生より『感染症への戦略的アプローチ』についてご講演いただきました。
実は矢野先生のご講演は2009年にも一度企画したものの執り行われず、今回ようやく実現の運びとなりました。講演終了後アンケートでは『ポイントを絞ったスライド内容で非常に頭に残りやすかったです。』、『分かりやすく、理解しやすかったです。今後ベットサイドなどで生かしていきたいです。』との感想を頂きました。

 

講演会終了後は・・・懇親会に!

ここぞとばかりに米本先生は矢野先生に質問攻めにされておられました。

 

矢野先生、米本先生どうも有難うございました。