2012年10月03日

秋の特別講演会

 9月8日(土)に秋の特別講演会第7回これからHIV感染症を診る医師・研修医のためのセミナーを開催しました。
ブログupするのを忘れておりました・・・
当日は福岡や大分など九州の先生方にもご参加いただき、ありがとうございました。

オリエンテーションのあと、A,B,Cの小グループに分かれました。
グループワークの様子。

グループワークの後『HIV感染症の治療の原則と実際の処方選択』の講義は皆様ご一緒で行いました。


会終了後の感想として、『研修中にHIV、AIDS患者を診療する機会があり、薬剤選択などの難しさを感じて、今回参加することにしました。基本事項から丁寧に教えて頂き、とてもわかりやすかったです。今後の診療に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。』 や 『やはりHIVは疑わないと難しいと症例を通じて思いました。抗HIV療法はややこしいと勝手に思っていましたが、段々シンプルになっているのだなと感じました。ただガイドラインについていける自信は今のところあまりないかなと思い、そこは難しく感じました。』 などが寄せられました。

今後の課題も見いだされたかと思いますが、今回の内容は今後の診療に役立てるかどうか?の質問について、非常に役立つ45%、役立つ55%とのアンケート結果でしたので、日々の診療に活かして頂ければ幸いです。

 

来年の1/26(土)に第2回スキルアップセミナーを開催いたします。
ご興味の先生は是非ご参加ください!