2013年05月28日

2013年総会と春の特別講演会を行いました

4月20日(土)に2013年総会と春の特別講演会を行いました。

総会は会員数の1/5以上のご出席があり、滞りなく有効に成立いたしました。

司会いただきました桒原健先生は、今回限りで理事を勇退されました。

永年、副会長を務めて下さり、どうも有難うございました。

 

総会に続いて、春の特別講演会を開催いたしました。

 

157人の方が参加され、会場はいっぱい。今回は学生さん、研修医の先生方の参加が多かったです。

まず、小川先生に大阪医療センターのHIV臨床の現状をお話いただきました。

 

続いて、藤本先生に呼吸器感染症と身体診察についてご講演いただきました。

 

終了後アンケートにて『私たち研修医にとって、呼吸器系の身体診察はイマイチよくわかっていないことであるので、今回の先生の講義は、大変わかりやすく、今後について非常に勉強になりました。ありがとうございました。』や『非常に勉強になりました。今まで以上に、この呼吸器の身体所見のとり方を明日からの診療に活かしたいと思います。』と感想をいただきました。

 

只今、当日の講演録を作成中です。冊子完成次第、会員様宛てにお送りいたしますので、当日ご参加いただけなかった会員の方、どうぞお楽しみに!

 

2013年05月20日

第3回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー

昨年6月、今年1月に続き、HIV/AIDS診療スキルアップセミナーを開催いたします。

 

第3回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー ~若手医師のための症例検討会~

日時 : 7月6日(土) 14:00~17:00

会場 : 大阪医療センター緊急災害医療棟2F 研修室

 

プレゼンテーター

①国立病院機構大阪医療センター 感染症内科 矢嶋 敬史郎 先生

「大量腹水で救急搬送された40代男性」

②奈良県立医科大学附属病院 感染症センター 米川 真輔 先生

「発熱、咽頭部痛にて来院した20歳代男性の一例」

 

アドバイザー

市立堺病院 腎代謝免疫内科 松浦 基夫 先生

国立病院機構大阪医療センター 感染症内科 上平 朝子 先生

大阪市立総合医療センター 感染症センター 後藤 哲志 先生

 

総合司会

大阪市立総合医療センター 感染症センター 白野 倫徳 先生

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

参加ご希望の方は、こちらよりご登録ください!

http://www.kansai-hiv.com/attend.php

なお、こちらの研修会は事前登録制とさせていただいております。

定員は30名です。

提示症例についてディスカッションに参加いただき、ファシリテーターを中心に意見交換をする予定です。

2013年05月19日

平成25年度カウンセリング部会第1回定例会詳細が決まりました!

次回カウンセリング部会定例会で行われる事例検討が下記のように決まりました。

 

◆事例検討:「帰るところがなくなってしまった」クライエントへの支援

発表者:黒田美和さん(大阪医療センター医療福祉相談室、医療ソーシャルワーカー)

◆ 日時:2013年6月29日(土)15:00~18:00

◆場所:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室1

大阪市営地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅 11番出口下車、大阪医療センター北門を入りすぐ左手の建物です。1階が喫茶・レストランとなっております。

 

MSWのみならず、心理職にとっても大変考えさせられる事例です。じっくり時間をかけて検討できればと思います。

HIV事例のご経験のある方もない方も、どうぞ皆さん、奮ってご参加ください。

心よりお待ちしております。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

↓ ↓ ↓

 

http://www.kansai-hiv.com/notice.html#130629_1500

 

<問合せ・連絡先>

関西HIV臨床カンファレンス

カウンセリング部会事務局:森田眞子

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14

国立病院機構大阪医療センター 臨床心理室

e-mail:morita@onh.go.jp

TEL:06-6942-1331(代)

2013年04月16日

春の特別講演会 web事前申し込みは締め切りました

たくさんの皆様よりお申し込みいただき、ありがとうございます。

予定人数100名に達しましたので、web事前申し込みは締め切りました。

当日は受付にて混雑が予想されますので、お早めにお越しいただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

2013年04月08日

カウンセリング部会 平成25年度 第1回定例会のお知らせ

平成25年度カウンセリング部会の定例会を下記の通り開催致します。

カウンセリング部会では昨年度より、定例会でじっくり時間をかけて事例検討を行うこととしております。

ついては事例提供者を募集中です。少人数でサポーティブな雰囲気のなか、事例検討できる機会ですので、気軽に事務局森田までお申し出下さい。MSW・心理職双方が関わった事例だけでなく、どちらかだけの関わりの事例でも歓迎します。

また、定例会の年間予定は下記の通りです。ご予定に書き加えておいていただけると幸いです。

多くの皆様のご参加をこころよりお待ちしております。

 

◆ 日時:2013年6月29日(土)15:00~18:00

(土曜日は勤務の方もおられるのでこの時間帯に設定しています。)

◆事例検討:未定

◆発表者:募集中

◆場所:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室1

大阪市営地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅 11番出口下車、大阪医療センター北門を入りすぐ左手の建物です。1階が喫茶・レストランとなっております。

 

★今後の定例会の年間予定:2013年10月26日(土)、2014年2月1日(土)

(いずれも15:00~18:00、場所:大阪医療センター)

 

お申込みはこちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html#130629_1500

☆来年度の定例会における事例提供者を募集中です。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。☆

<連絡先>

関西HIV臨床カンファレンス

カウンセリング部会 事務局:森田眞子

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14

国立病院機構 大阪医療センター 臨床心理室

e-mail:morita@onh.go.jp

TEL:06-6942-1331(代)

 

2013年03月18日

2013年総会と春の特別講演会のお知らせ

関西HIV臨床カンファレンス2013年総会を4月20日(土)14:30よりに開催いたします。

 

2012年度の活動報告および2013年度の事業計画をご報告させていただきますので、
万障御繰合わせの上、多数ご参加下さいます様お願いいたします。

万一、ご欠席の場合は委任状を必ずお届けくださいますようご協力お願い申し上げます。
ご出席のお申し込みはこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html

 

また、同日15:00より、春の特別講演会を開催いたします。

今回は、市立堺病院の藤本卓司先生をお招きし『呼吸器疾患と身体所見』についてご講演いただきます。

こちらの講演会は関西HIV臨床カンファレンスの会員以外の方のご参加も歓迎いたします。

参加費は無料ですが、定員100名です。
お申し込みはフォームからお願いいたします。

↓ ↓ ↓

http://www.kansai-hiv.com/notice.html

皆様のご参加をお待ちしております。

 

2013年03月06日

第49回関西HIV臨床カンファレンス~NGO・NPO活動報告・交流会

2月26日、第49回関西HIV臨床カンファレンス~NGO・NPO活動報告・交流会~を大阪医療センターにて開催いたしました。当日は小雨が降り、まだまだ冬を感じる寒い日でした。

 

関西で活躍されるNGO・NPO団体の方々ケアーズ、CHARM、バザールカフェ、Follow、Live Positive Woman’sにご発表いただきました。
Freedomの方はご都合があわなかったので、発表はいただけませんでしたが、資料でのご報告をいただきました。
各団体のとりくみ、特に新たなとりくみについて、お聞きすることができ勉強させていもらいました。

そのあと、大阪府立公衆衛生研究所の川畑拓也先生から『HIV/AIDSの発生動向』について特別講演いただきました。
参加者の方から「一般的に目にする統計とは別の大阪の現状がわかって良かった」と感想をいただきました。

また、今回は『長期療養時代における在宅療養と施設入所』をテーマとしておりましたので、
大阪市保健所感染症担当医務主幹 半羽宏之先生から『大阪市のとりくみ』についてご報告いただき
最後に医療者、NGO・NPO、行政の方々での総合討論をいたしました。

医療従事者から具体的な困難事例が出され、その場で行政側からのアドバイスを得ることができ、話が進み検討がなされました。
参加者からの感想でも「様々な団体からの多様の視点で現状を知ることができ、とてもよかったです。」や「長期療養患者の療養緒先の問題は切実です。今後、保健所も巻き込んだ取り組みは必要だと思いました。この問題は病院だけでなく、行政と一緒に取り組んでいくものだと再認識できました。成功例をどんどんと発信していただければと思いました。」と頂きました。

ご参加くださった方々どうもありがとうございました。

 

2013年02月28日

MERSから全国ヘモフィリアフォーラム2013のお知らせ

全国ヘモフィリアフォーラム2013 http://hemophilia-japan.org/?page_id=47

 

4月17日の世界ヘモフィリアデーにあわせ、患者主催のイベント「全国ヘモフィリアフォーラム」を東京で開催いたします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

日時 2013年4月13日(土)13:30~16:30、14日(日)10:00~16:00
会場 文京シビックホール 小ホール (東京都文京区春日1-16-21)
(東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅直結、
都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅(文京シビックセンター前)直結)

 

4月13日(土) 13:30~16:30
13:00 開場
13:30 オープニング
14:00 基調講演(同時通訳あり)
テーマ “Treatment for All 2013” 講師 アリソン・ストリート氏(世界血友病連盟)
15:00 パネルディスカッション~基調講演を受けて(同時通訳あり)

 

4月14日(日) 10:00~16:00
9:30  開場
10:00 分科会(於 : シビックホール会議室ほか)

1. 「若者・次の世代」 2.「女性・保因者」
3.「長期的な生活設計」 4.「インヒビター」
5.「類縁疾患」
※興味あるグループに随時自由に参加できます。

13:00 分科会報告
14:30 総括シンポジウム

 

参加無料(準備の都合上、事前の申し込みをお願いします)

 

保育(託児)室あり(利用ご希望の場合はご相談ください)

参加をご希望の方は、FAX・E-mail・郵便のいずれかで、下記の項目を明記のうえ3月25日までにお申し込み下さい。
「参加のしおり」を送付いたします。

 

・参加者の氏名・住所・血友病との関係(患者、家族、医療または教育関係者など)
(ご提供された個人情報は、本フォーラムに関する連絡・案内にのみ使用いたします)
※遠方から参加の患者、家族の方には、一部交通費の援助を予定しています。
(インヒビター保有の方は一層の配慮を行います。申し込み時にお申し出ください)

 

参加申込・問い合わせ先
〒530-0047 大阪市北区西天満 6 丁目 2-14-805
一般社団法人ヘモフィリア友の会全国ネットワーク
Tel.06-6364-8101 Fax.06-6364-8099 E-mail jnf2013@hemophilia-japan.org
主催 一般社団法人ヘモフィリア友の会全国ネットワーク
後援 厚生労働省 一般社団法人日本血栓止血学会 公益財団法人血液製剤調査機構 世界血友病連盟(WFH)
賛助 特定非営利活動法人ネットワーク医療と人権(MERS)

2013年02月18日

第2回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー

 

1/26(土)開催しました第2回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナーのご報告をいたします。

 

今回も、有志で出していただいた3症例を使って、提出すべき検査や治療レジメンの選択など、ディスカッション形式で進められました。文献の考察なども含めての発表だったせいか、今回も時間が足りなくなるほど、活発な議論が展開されました。

終了後のアンケートではおおむね好評をいただきましたが、すこしレベルが高かった、もうすこし議論の時間が欲しい、などのご意見も見受けられました。

次回は7月6日に大阪医療センターで開催されます。アンケートでいただいたご意見も参考にして、次回も楽しい会にしたいと思います。ぜひご参加ください。

 

2013年02月05日

カウンセリング部会 平成24年度第2回定例会

1月26日(土)、カウンセリング部会では定例会を開催しました。
今年度はじっくり事例検討会を行っています。
当日は発表者含め参加者が6名と、こじんまりとした集まりでしたが、その分、
濃密に討議できました。
関わりがなかなか容易ではない事例であったかと思いますが、MSW/心理職の職種の別を超えて、
事例を参加者全員が共有し、深く体験することで、さまざまな気づきと学びが あったように思います。
あらためて「事例」による学びの豊かさに思い至りました。
来年度については「ぜひ事例検討を続けて欲しい」という声も頂戴しておりますが、
こんな企画があれば・・・というアイデアやご要望などありましたら、ぜひお聞 かせ下さい。
日程などと併せてまた、お知らせしたいと存じます。
宜しくお願いします。