2012年05月02日

第1回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナーのお知らせ

以前、6月にHIV治療困難例を持ち寄り、症例検討会を行いますとお知らせしておりましたが・・・
詳細が決まりました!!

 

第1回 HIV/AIDS診療スキルアップセミナー ~若手医師のための症例検討会~

 

6月17日(日)  14:00~17:00
会場は大阪医療センター 緊急災害医療棟 2階視聴覚室です。

 

総合司会 :    宇野 健司 先生(奈良県立医科大学付属病院 感染制御内科)

 

ファシリテーター :澤田 暁宏 先生(兵庫医科大学 血液内科)
           白野 倫徳 先生(大阪市立総合医療センター 感染症センター)
           大田 加与 先生(市立堺病院 呼吸器内科)
           矢嶋 敬史郎 先生(大阪医療センター 感染症内科)
           小川 拓 先生(奈良県立医科大学附属病院 感染制御内科)

 

【症例検討】
1.「PMLの一例」 講演:宇野 健司 先生/ 小川 拓 先生 (奈良県立医科大学付属病院 感染制御内科)

 

2.「PCPでAIDS発症し、ARTを行うもウイルス量が長期残存している一例」 講演:澤田 暁宏 先生 (兵庫医科大学 血液内科)

 

3.「進行する筋力低下を来したHIVの一例」 講演:白野倫徳 先生 (大阪市立総合医療センター 感染症センター)

 

ご出席くださいました先生方には、提示症例についてディスカッションに参加頂き、ファシリテーターを中心に意見交換をする予定です。

 

参加は事前登録制です!お申し込みはフォームからお願いいたします。 → http://www.kansai-hiv.com/news.html